看護師の悩みで多いのが人間関係です。どんなことに悩まされるのか、どうすれば解決するのかをまとめています。

指導する立場にありがちな悩み

看護師として経験を積んでくると、後輩を指導する立場になります。

プリセプターという新人を指導する立場になった看護師にも悩みを持つ人は多いのです。

プリセプターが持つ悩みについてまとめました。

・プリセプターが持つ悩みとは

看護師経験が3年から4年くらいになると、プリセプター制度を導入している病院ではそのプリセプターに任命される可能性が出てきます。

新人看護師をマンツーマンで指導する係なのですが、教え方がわからないとか、新人とコミュニケーションがうまく取れるか不安、看護スキルや知識がまだまだ不足しているので自信を持って指導できないなどの悩みを持っています。

・プリセプターの役割

プリセプターは、新人看護師が一人前になれるように指導したり、また良き相談相手になる人のことです。

そのため、うんと年上の人ではなく、比較的年齢が近い先輩看護師になります。

看護技術の見本を見せたり、教えた内容を実践させたり、新人看護師が行った看護業務を評価します。

もし新人がミスをした時は、ミスの原因と改善策を考えさせるのも仕事です。

・指導のポイントは

新人を指導していくポイントは、「ほめる」と「叱る」のバランスです。

ほめてばかりでも叱ってばかりでも新人は成長しません。

しっかり新人を観察して、成長したところはほめ、新人がほめられたら一緒に喜びましょう。

叱る時は人格を否定するのではなく、事実だけを指摘します。

そして叱った後は必ずフォローするようにしましょう。

一緒にご飯を食べに行ったり、お茶に誘ったりしてあげると良いでしょう。