建築費を増やさずアパートを建てるポイントは?

アパート建築費を考えてみよう!

アパート建築費を考えてみよう!のmain画像

アパートの建築費を増やさずに高収益の経営をしたいと考えるでしょう。でも実は難しいのです。

建築費を増やさずアパートを建てるポイントは?

アパートの建築費を増やさずに個性的で高収益なアパートを建てたいというのは誰でも同じ。

しかしそうはいかないのが現代です。

アパート建築についてお話ししましょう。

■損して得を取る商売人の発想が大事。

アパートの設計が時代と共にも多様化しているのは事実です。

また建築費を増やさずに個性的で高収益なアパートを建てたいと願うオーナーの気持ちもよくわかります。

しかし、そのようなイイトコ取り、一石二鳥を狙っていては理想的なアパートの建築は実現不可能であり、中途半端に終わってしまいます。

たとえばアパートの建築費に平均で5,000万円が必要とするなら、1,000万円を上積みして、付加価値を付ける戦略に切り替えたほうが、空室率を最小化し、高収益な人気物件にできます。

■現代のニーズに応えるにはお金がかかる。

たとえばいまの時代に必須なのは、広くて開放的な専有面積、先端的な防犯テクノロジー、マルチ対応の通信環境整備などです。

加えて太陽光発電、宅配ボックス、その他ソフト面でのサービス提携などがあげられます。

アパートの建築費にはこれらの付加価値分は入っていないので、その分の費用は余計にかかることになります。

■アパート1戸分の専有面積を広くとるには、普及型のユニットプランでは無理なのでその分の建築費も余計にかかります。

建築費を抑えて高収益というのはむずかしい話です。

しかし建築費の予算をどう振り分けるかという配分の問題なら、多少はそれで付加価値が付けられるかも知れません。

5,000万円を4,000万円にしたいという単なる圧縮願望だけならアパート経営そのものをやめたほうがいいです。

アパート建築費を考えてみよう! Copyright www.bjorkspain.net.All Rights Reserved.